Astronomical

EdgeHD800・コボーグのピント合わせ等

幾晩も、こんな事やってられないので(汗)、今夜は2匹を追いかけることにする。

GPVのデータ

00.jpg

テストの項目

  • EdgeHD800
    • ジャスピンを超えてボケる所まで許容範囲があるか
    • 何か北の空を撮ってみる
  • コボーグ
    • ピント出しの確認
    • 何か北の空を撮って見る(専用フラットナーが無いと、ダメな★なのか)

EdgeHD800

01.jpg

ピント

ジャスピンの前後も見えてるので、星は撮れるな。(汗)
02.jpg 03.jpg

撮影

月の動画を撮ってみたけど、ソフトが思い出せないと言うか、メインPCを再インストールした時、インストール忘れな模様。(明日、画像処理)

撮った画像を良くみたら、6GBもあって、ファイル容量を減らす方法が分からず24時間。(汗)
やっと①Ser Player②AutoStakkert③RegiStax6を使って100フレームを重ねてみました。
EdgeHD800(f:2032mm)だと、上下が切れてしまうな。
moon.jpg

コボーグ

05.jpg

ピント

画像を100%に拡大して、星の大きさを微動ダイヤルでセット。

撮影

  • オフガイド 30秒 一枚画像
  • 赤道儀は、PoleMasterはバッチリだけど、アライメントをしていないので、いい加減に空に向けて撮影。
  • 昨日、皆さんから、フラットナーのコメントをいただいた。
    まあ、自分では、画像を見てからと思っていたのだが、確かに、真ん中付近は良いけど四隅は、流れ星みたいだ。(笑)
  • どんなフラットナーを付けるのか、ネット徘徊するか。
  • 閃いて、鏡筒を確りバンドで固定したけど、ピント合わせる時、上手く行かない。
    MMF-1とASi071MC Coolが自重があるので、組み立てが上手く行かない。(笑)
  • 下の右・・・M81とM82みたいだな。(笑)
    06.jpg 07.jpg

08.jpg 09.jpg

メモ

  1. APT v3.51を使っているのだけど、Cooling Aidで、カメラの温度が+96℃とか。(笑)
    今夜は、ピントがメイン、それに、気味が悪い(壊れると嫌だ)ので、冷却のケーブルは引っこ抜いてテストした。
  2. LPS-D2を付けると、今夜の場合だと、EdgeHD800もコボーグも周辺減光のように見えるけど、LPS-D1に付け替えて比較しなければ、とは、思ったのだけど、作業が厄介なので、別に火に。(汗)

添付ファイル: filemoon.jpg 5件 [詳細] file09.jpg 13件 [詳細] file08.jpg 13件 [詳細] file07.jpg 9件 [詳細] file06.jpg 8件 [詳細] file05.jpg 9件 [詳細] file03.jpg 7件 [詳細] file02.jpg 2件 [詳細] file01.jpg 5件 [詳細] file00.jpg 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-04 (日) 07:21:57 (105d)