Astronomical

AP赤道儀360度回転できるようにする

初めての遠征地、コンパスでこんな向きかと、三脚を地面に固定。
水準器で、水平を確認。
PoleMasterで極軸合わせは、暗く成らないと出来ない。

最悪、赤道儀の水平を微動させるノブを回し切っても、北極星の場所が、真ん中じゃないことが多い(オヤジの場合)(爆)
そんなんで、こんなのを作った。

AP赤道儀を載せる三脚の台座より気持ち大きな径のドーナツ

  • このドーナツは、工房にお願いして造って貰った。
  • アルミでも良かったのだが、ステンレスも値段が同じだったのでステンレスで作って貰った。
  • 赤道儀の水平を微動する、ボッチの穴はM6で、これは自分でネジを切ることにしたので大汗流して作った。ステンレスは、硬い!!!
    00.jpg 01.jpg
  • 三脚からは、ボッチを外しドーナツに取付る
    02.jpg

後は、AP赤道儀を載せて、下からネジを締めるだけ

  • この状態で、デジタル式の水準器も置ける。
    プラスティック緑色の丸いちっこい水準器は余裕で置ける。
  • 赤道儀を三脚の台座に固定するネジを何時ものように締めれば赤道儀の設置は完了。
  • ここで、赤道儀を固定するネジを1/8周程戻すと、赤道儀はグルグル360度でも回る。
  • 水平を確り出して置けば、赤道儀は自由に回すことが出来る。
    PoleMasterで極軸合わせ中、不幸にも、北極星が飛んでもない方向に有る場合、この機能が無いと、赤道儀と三脚を持ち上げて、向きを変える必要があるが、この円盤があれば、1/8周位赤道儀を固定するネジ(シャフト)を緩めるだけで、赤道儀を回すことができ、水平は確保されているので、再度、極軸合わせ作業をすることができる。
    03.jpg 04.jpg

メモ

  • つまらない工作だけど、遠征すると、土台が水平じゃない事が多いので、後少し全体を回さないと極軸合わせが出来ない。
    経験したので、こんなものがあると便利です。

添付ファイル: file02.jpg 1件 [詳細] file04.jpg 2件 [詳細] file03.jpg 2件 [詳細] file01.jpg 1件 [詳細] file00.jpg 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-01 (金) 06:17:52 (17d)