Astronomical

Starsense AutoAlign・アイピースで導入テスト

GPVのデータ

最近は、GPVに関係なしに、惑星だけは見えてるので今夜もOK鴨。(爆)
00.jpg

本日の機材

赤道儀:南庭No3のピラー脚に載せたCGX
鏡筒:EdgeHD800
カメラ関係:FlipMirror+アイピース40mm、2インチ2倍バローレンズ、ASi071MC Pro(フィルター無し)
合計の焦点距離:4,038mm X 2 = 8,056mm
Starsense AutoAlignで、自動導入
ノートPC(HP8GB+250GB SSD)

①CGXでStarsense AutoAlign

先ず、Starsense AutoAlignでAdvanced-VXは、全てのテストが上手くいった。
問題は、前回、CGXでStarsense AutoAlign用ハンドコントローラーを付けてテストしていたら、あの腰振りダンス(笑)

これ、暴走中の我がCGX赤道儀。
(メーカーさんで新品交換になったけど、心配だ)

https://www.youtube.com/watch?v=MWXZgwgtARo

架台重量だけて20kgもあって、また、ハンドコントローラを付けたら、同じ症状が出ないか心配で。(爆)
本当は、やる時間/空模様が駄目だったのだけどね。

①メモ

  • 嫌なモーター音がして、頭を抱えたが、バランスが取れて無かった。5kgを2個にして再調整(と言うか、調整してなかった鴨)して、一切、問題は発生しなかった。
  • Starsense AutoAlign実行当初、赤道儀を選ぶ画面まで出来ていて2番のCGXを選んだだけで自動で終了、一度だけ星を選んで上下左右ボタンで、鏡筒の真ん中に星が来るようにして、これも問題なし。
  • コントローラが、最後にもう一度、「オートアライメントをすんべよ」って催促、無抵抗で実施した
  • アライメント終わり。
    問題なし。

②EdgeHD800、アイピースで惑星を導入する

通常のバローレンズを使わない時は、電子ファインダ(QHY5-2とレンズの組み合わせ)で何も問題ないのだが、鏡筒と電子ファインダーの軸は確り合っているはずなのだが、2倍のバローレンズを使うと、電子ファインダーのど真ん中に惑星をいれても、鏡筒側の冷却CMOSカメラの画面は真っ暗なまま。
正直、昨夜の火星は導入に1時間掛かった。(爆)
最後は、ドブテールバーの延長上に火星を置いたら、偶然入ったような塩梅。
これじゃ、わくわく惑星の導入が出来ない。(すいすい彗星は問題ないけど、明かるから良く見えないけどね)

写真のアイピースは、EdgeHD800付属品の40mmのアイピース
01.jpg

②メモ

  • オヤジは、いままで何をやっていたのか(汗)
    EdgeHD800付属のアイピース40mmをフリップミラーの垂直側に入れた。
    ステラショットとACOMで接続、最初は西に傾いている木星をターゲット
  • 気になるので、ミラーを切り替えてアイピースを見る。真ん中に居る。
    11.jpg
  • 悪乗りで土星は、入るかな
    10.jpg
  • 以下は、Exp20sec,Gain240,1枚,オートガイドは使わず自走
    一応、真ん中ではないけど写野の中にターゲットが入ってるので、この導入方法(フリップミラーとアイピース)でC11を含めた惑星撮影に使いたいと思う。
    • M8
      M8.jpg
  • M13 
    M13.jpg
  • M17 
    M17.jpg
  • m20 
    M20.jpg
     
  • M57
    M57.jpg 
  • 明日、ゆっくり考えるけど、35mmレンズとQHY5-2の電子ファインダーじゃ、倍率が低かったのか、ショップさんからもズームレンズを付けると良い鴨と提案をいただいていたのだが、
    やはり、ショップさんの提案1がアイピースだったのでテストして良かった。
  • 土星(ほぼ南中辺り)
    saturn.jpg
  • 木星(南西)
    jupiter.jpg
  • 火星(南南東、登って来て10度以下)
    mars.jpg

メモ

  • C11は、明日にでもテストしたい。
    あ、まだ、フードが出来て無いのだ。(汗)
  • 無い頭で考えても、何が要因で導入精度が上がったのか解らない。
    • Stersence AutoAlignが初めて上手く行ったのか?
    • アイピースを覗いて最初の木星一度だけ、画面の中で1/4位ハンドコントローラで動かしただけ。後は、ステラショットで見たい星に導入させただけ
    • CGXは、もともと、導入精度は高かった。
  • そんな訳で、火星の大接近まで時間も無いし、当面、理屈が理解出来るまでは、これで行こう。
  • 今日からは、C11XLTも加わる。
    • フリップミラー、アイピース、2インチ2倍のバローは付け替えて使う。
    • フードを大急ぎで作らないと、補正板レンズがビショビショになる。(汗)
  • C11は重すぎるので、足下を気を付けないと、オヤジもC11もコケたら大変。
    丈夫なふみ台を買ってこよう。

添付ファイル: filemars.jpg 3件 [詳細] filejupiter.jpg [詳細] filesaturn.jpg [詳細] fileM57.jpg 1件 [詳細] fileM20.jpg [詳細] fileM17.jpg 1件 [詳細] fileM13.jpg 1件 [詳細] fileM8.jpg 1件 [詳細] file10.jpg 1件 [詳細] file11.jpg 1件 [詳細] file00.jpg 2件 [詳細] file01.jpg 9件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-22 (日) 09:11:30 (25d)