Astronomical

庭のピラー脚を突然移設(重労働)

突然、思い出したように、ピラー脚の移設をすることにした。

どうも、CGXが載ってるショップさんで作って貰ったピラー脚が15cm位背が高い感じ。
今までの、EdgeHD800は6.5kg、何か付けても10kg未満なので、丁度良かったのだけど、今度のC11 XLTはデカい・重たい。
色々考えていると、10cm以上短く作った北側N02.縁台脇のコンクリートピラーを南のNo3.に移設しよう。

ただし、アダプターの穴の位置を確かめないと、幾らアルミでも肉厚さ50mmもあると穴開けがおお事。
台風(12号)一過の早朝、のこのこ起き出し確認したら、オヤジのコンクリートピラーのアダプターは、Advanced-VXでもCGXでも取り付けることが可能だった。(って、おめえが造ったんだべ)(汗)

腰の負担を考えて、親友にSOS。(有りがたい、感謝)

コンクリートピラー移設

そんな訳で、北側N02.に造った本体だけで75kg(100kg有る)を台車に載せて、、、拳大の砂利道を60m移動して、南N0.3へ。
00.jpg

ショップさんで作って貰った金属製ピラーは元の場所へ

ショップさんに造って貰った金属製のピラー脚は、元の南No1.へ移動した。
01.jpg

仕上

コンクリート基礎の上にモルタル1袋を敷いて、その上にコンクリートピラーを乗せた。
この気温、モタモタしていると、直ぐ乾いて動かなくなるので、30分熱射病休憩をして水平・垂直出し。
このピラは、アダプターの所でも水平出しできるので、ここは大雑把。
一応、濡れたブラシでゴシゴシやって完成。
もしかしたら、今夜の観測に間に合うかも(爆)
02.jpg 03.jpg

調整

流石、真夏!
結構と言うか、モルタルが白くなったので、水平・垂直を黄色いレベル計で概略確認してOK。
次は、南北方向・東西方向の水平出し。一度、取付を間違えて、やり直し。
1時間以上、調整していたのだけど。
再度調整を始めたのだが、後4cm位赤道儀の位置が下がるのだけど、今日は、時間も無いのでこれでOK。(明日、やり直し、長いボトルも切断するし)
04.jpg 05.jpg

まだ、モルタル中の方は乾き切って無いはずなので、最新の注意を払ってCGX赤道儀20kgを載せた。
熱中症にもならずに、無事、ピラー脚の移設完了。
親友に感謝!
06.jpg

メモ

  • 夕方まで、乾かして、オヤジは熱射病予防で昼寝しよう。
  • これ、「〇〇〇〇家先祖代々」って縦書きすると、墓標になるな。(爆)

添付ファイル: file06.jpg 4件 [詳細] file05.jpg [詳細] file04.jpg [詳細] file03.jpg 1件 [詳細] file02.jpg 1件 [詳細] file01.jpg [詳細] file00.jpg 3件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-29 (日) 17:35:41 (18d)