Astronomical

南側庭・コ・ボーグと50mmF2.8のテスト

湘南の海沿い、本当、余裕なく毎晩白い雲。
今夜は、もしかして、数時間は星が見えそうなので、ここの所BORGの組み立てを色々やっていたので、今夜はそのテスト。

コ・ボーグは、最初、レンズだけで星を撮ったら四隅がラグビーボールどころか流れ星状態。(笑)
皆さんからのコメント(メールで突っ込みも)で、フラットーを付けなきゃダメじゃん。(汗)
また、50mmF2.8もピントが出たので、今夜はこれら2台と言う程の鏡筒じゃないけどテストする。

GPVのデータ

00.jpg

機材

こんな簡単な機材をセットしたのは、1年ブリ位かも。
鏡筒からは、カメラのUSB3.0と冷却のDC12V、それにフードから乾燥空気のチューブだけだ。
後は、PoleMasterとCGXからのケーブルをノートPCに繋いで終わり。
そう、オフガイドなのだ。60秒位、星が丸いままでいてくれるかどうか。(笑)

それと、こんなに軽くてちっこい鏡筒なのに、何でCGX赤道儀に乗せたのか。
AP赤道儀だと、自動導入が無いので、今夜、何処だか分からない所を撮るのは本意ではなかったので、「回せばピタリと真ん中に」のCGXを使った。(汗)

  • 赤道儀:ピラー脚に常設のCGX赤道儀
  • 鏡筒#1:コ・ボーグ200mm
  • 鏡筒#2:BORG50mmF2.8
  • カメラ:ASI071MC-Cool+LPS-v4(-10℃の予定)
  • 極軸合わせ:PoleMaster
  • PC:HP-PC(8GB i5core SSD:250GB

準備完了

02.jpg

画像

コ・ボーグ200mm+ASI1600MC-COOL

01.jpg

M42

マイナス10℃、Exp60sec.、Gain300、1枚
左側の星が伸びているのは、【6011 (ミニボーグ鏡筒DX-SD)】の出し入れと、ヘリコイドの出し入れで、光路長を合わせないとな。(笑)次回までには。
M42_60_300_1.jpg

M84

マイナス10℃、Exp60sec.、Gain300、1枚
赤いのは、電線です(汗)
M84_60s_G300_1.jpg

NGC2174 モンキー星雲

マイナス10℃、Exp60sec.、Gain300、1枚
NGC2174_60s_G300_1.jpg

50mmF2.8+ASI1600MC-COOL

画像を撮り忘れたので、昼間の組み立てた時の画像(汗)
03.jpg

50mmを付けたら、やはり、雲が海から北上。

雲の無かった南西仰角40度当たりに向けて撮影。(汗)
マイナス10℃、Exp60sec.、Gain240、1枚
SW_60s_G240.jpg

NGC2174 モンキー星雲

左下にも、何か星雲(明るいオレンジの星が2個の中なのでくらげ星雲かも)が見えるな。
マイナス10℃、Exp60sec.、Gain240、1枚
NGC2174_60s_G240.jpg

M81&82

真ん中に見えるけど、小さすぎて(爆)
マイナス10℃、Exp60sec.、Gain240、1枚
M81_82_60s_G240.jpg

メモ

空のコンディション

空が引き締まって、星が良く見えるようになった。

眠くて、庭で、寝落ちしそう

今夜は、これからが本番だと言うのに、昼寝しなかったので、涎までノートPCに垂れて、眠くて、もう、ギブアップ。(汗)

テスト良好

良い結果だったので、改善する所は分かった。

  • コ・ボーグの光路長確認
  • 50mmでも光を拾うので、長さ5cm位のフードは必要かも

赤道儀暴走

昨夜、ピラー脚に常設しているCGX赤道儀で空を見た居たら、突然、暴走したんですよ。(コントローラーのボタンも押してないのに、動き出した)
過去、赤道儀とは相性が悪いので、またか!!!と思ったのだけど、直ぐ復帰した。
あれーぇ!
変だなーと、腕組み状態15分。
近所で、電気工具(チャネルを切断する大型の切断機)の大きな音。
新幹線の保線作業は、日夜・深夜の作業が普通だ。
ここは、新幹線のガード下から40m位の所にピラー脚がある。

待てよぉ!何故か、赤道儀の暴走と、この電気工具の騒音が同期してるんだなーぁ。(笑)
デジタル式だけどオシロスコープを赤道儀へ行くDC12Vのラインに入れ暫し待ち構えた。
こうなると、ニワトリよりこのパズル解きの方が面白くて。(爆)
電気工具の音がした → 電源線に凄いノイズが見えた。
切り分けで、次は、赤道儀だけの電源をSG3500経由にして、暫し待ち構え。
電気工具が凄い音でチャネルを切断、始まった。
赤道儀の暴走は発生しない。
負荷を切り離したスイッチング電源には、相変わらずノイズが載ってる。

今まで、某・・・トロン社の赤道儀は、トラブル続きだったけど、パワータンクのバッテリーから給電してても、暴走したので、本件とは別物。(爆)
もしかして、ノイズの全くない「12Vの乾電池」のような純粋なDC12Vが入って来ることを想定した電源入り口の電気回路(ノイズ対策無し)なのか、とか、思った。
そういえば、Advanced-VX2台の時も、CCGEM1台の時も、某社から電源は何を使っているか?、と、逆質問が来たよな。もちろん、おたくのパワータンクです、と、そのように回答した。

赤道儀だけの負荷だと、このSG3500で朝までOKなので、当面、これを使うことにしたが、もしかして、トランス方式の直流電源装置(トランスがあるから重い)もあるので、これもテストしたい。
まあ、SG3500が9kg弱で、直流電源装置は5kg弱。
ノイズが回り込んでくるのだから、AC100V側にトロイダルコアでも入れるかな。
ガード下の作業場を見たら、長いチャンネル材料は山程あるので、ノイズ防止はやらないと、悲惨なことにもなりかねない。
このノイズの妨害は、ニワトリの時だけで、プチ遠(近)征では、バッテリーしか使えないので心配無しだ。

と、言う訳で40~50分中断したが、その後は問題なかった。(汗)


添付ファイル: file03.jpg 4件 [詳細] fileM81_82_60s_G240.jpg 8件 [詳細] fileNGC2174_60s_G240.jpg 7件 [詳細] fileSW_60s_G240.jpg 6件 [詳細] fileNGC2174_60s_G300_1.jpg 14件 [詳細] fileM84_60s_G300_1.jpg 2件 [詳細] fileM42_60_300_1.jpg 18件 [詳細] file02.jpg 4件 [詳細] file01.jpg 2件 [詳細] file00.jpg 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-12 (月) 11:43:17 (191d)