Astronomical

北側縁台・AVX BORG71FL+BORG36ED

28日は、カペラまで見えなくなるような視程で、早々に閉店
今日は、日本気象協会のPM2.5の拡散予測でも一番下のレベルで、15km先の山の稜線も復活。(爆)
そんな訳で、ASI183MC Proもチェックしたいので、北側縁台で店開き。

GPVのデータ等

大陸方面から、空にはPM2.5+黄砂、海にはマイクロプラスティック。
観測のチェックも大変だ。
00.jpg 01.jpg

本日の機材

  • 赤道儀:コンクリートピラー脚に常設のAVX赤道儀
  • 極軸合わせ:PoleMaster
  • 鏡筒+カメラ
    • BORG71FL(f:432mm F6.1)+ASI1600MC-Cool
      • 冷却:-20℃
    • BORG36ED(f:220mm F6.1)+ASI183MC Pro
      • 冷却:-20℃
  • ガイドシステム:M-GEN + LM75JC(f:75mm)
  • 電源
    • AC100V トランス式の定電圧電源(12V 10A)
  • ソフト
    • キャプチャー:APT(Astro Photography Tool)v3.53、または、SharpCap v3.0

準備完了

最初は、71FLから。
02.jpg

メモ

  • 28日のPM2.5のレベルは、黄色で高かったけど、今夜は、一番下のレベル予報。
    でも、何だかなー、晴れているけど何も星が見えてない事2時間後に気がついた。(汗)
    赤道儀AVXの動きが変で気を取られていたら、星が無かった。
    参りました。
  • 昨夜は、十三夜、月の影響もあったのかも。
  • 昨日の朝より、今朝の方が、山の稜線がくっきり見えるな。(笑)

添付ファイル: file02.jpg 10件 [詳細] file01.jpg 6件 [詳細] file00.jpg 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-31 (土) 06:33:12 (108d)