Astronomical

南No3ピラー・AVXでSD115S+StarSence+M-GEN

過去のニワトリ履歴だと先月8月10日以来の事。
もう少し、天気が良いかとおもったのだが、お決まりのGPV予想の夕方大修整。(笑)

でも、今夜は、StarSenceでのポーラーアライメントの2度目のテスト。
一度目は、水平ノブが当たる所にあるボルトが緩くて、ポーラーアライメントがいい加減。
(星が、あっちに行ったり・こっちに飛んだり)
そんな訳で、最悪、このテストを完了すると、プチ遠(近)征に出かけられる。

GPVのデータ

00.jpg

本日の機材

  • 赤道儀:コンクリートピラー脚に常設したAVX
  • 鏡筒:SD115S f:899mm
  • 撮影カメラ:ASi071MC Pro+LPS-D2
    • 冷却:-10℃(予定)
  • ガイドシステム:M-GEN + BORG36ED
  • 電源
    • トランス式DC12V/10A
      • ノートPC:DC12V→DC19.1V
      • 赤道儀:DC12V
      • 乾燥空気:DC12V/6W
      • カメラの冷却:DC12V
      • M-GEN(カメラ):DC12V
  • ソフト
    • 自動導入:ステラショット1.5fをAPTにASCOM接続
    • キャプチャー:APT(Astro Photography Tool)v3.54.1、SharpCap v3.1.5219.0

準備完了

01.jpg 02.jpg 03.jpg

メモ

  • のんびりと、ピラーにAVXを載せて水平を確認したら、少しズレているので、レベル計を持ち出して、ボルトを締めたり緩めたり。
    何だ神田で2時間経過
  • BORG36ED(ガイド鏡)は、綺麗にピントが出て、M-GENもまともに動いてる事確認。
    残念ながら、1枚も撮れなかった。(汗)
    20時30分、白い雲が出始めて、21時に全天雲
  • StarSence のポーラーアライメント、作業は理解できた。
  • M-GENとStarSence の取付、もう少し、2つを接近させよう。(明日、アルミ板の穴開け作業)

添付ファイル: file03.jpg 2件 [詳細] file02.jpg 2件 [詳細] file01.jpg 3件 [詳細] file00.jpg 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-05 (水) 22:00:27 (13d)