Astronomical

CGX赤道儀の動作が変→本体の新品交換

天体観測に興味を持ったのが2014年11月頃から。
以来、観測機材も色々増え、機器の履歴と言うことでCGXもメモを残す。

Advanced-VXをStarSEnse AutoAlignでコントロールして、上手くアライメントが出来るので、庭に常設のCGXもStarSence Aliginのハンドコントローラを繋ぎテスト。
最初は、Advanced-VXと同じように、自動で勝手に星を撮影して位置を解析の作業をしていたのだが、何回か目のオートアライメント中に動作が変になった。
Youtube画像(翌日、頭を冷静に本体付属のハンドコントローラで操作した時の動画です)を撮っていたので、以下、参考です。

【動画(音が小さかったのでボリュームを少し上げてご覧ください)】
https://www.youtube.com/watch?v=MWXZgwgtARo

  • 正確なGOTOである星を導入操作完了→良く見ると、DEC側がある所に移動するのだが、行ったり来たりしながら全体としては目的地に移動する
  • CGXは、購入(2017-10)後、無故障だったので、少し驚いた。
    CGXの本体のDC12V電源を切り、StarSence Aliginのハンドコントローラを外し、CGX付属のハンドコントローラーに差し替え、電源ON
  • あれあれ、動画と同じ動作だ

と、言う訳でお手上げなので、腰痛なので重い物を梱包するのは辛いけど、放り投げることも出来ず。腰痛のため、親友に助けて貰いながら2018-07-04メーカーに発送。(汗)

動画どおりの異常動作を確認、解析に時間が掛かるのでと、発送した赤道儀本体とCGX用ハンドコントローラが新品交換で帰って来た。

国内某社だと、1か月は普通なので、これで火星の観測は出来なくなったと思っていたが、1週間(2018-07-11)で帰って来た(新品)ので、その辺、考慮してくれたのかと勝手に思っている。(笑)
00.jpg

それにしても、高温多湿で、室内での動作確認も本体20kg!まだ、やってない。
いつの間にか、日本列島は、ひょっこりひょうたん島で、赤道近くまで南下移動したのかと思いたくなる。

テスト

  • CGX付属のハンドコントローラーで、何も問題なし。
  • 問題は、StarSence Aliginのハンドコントローラを付けて、アライメントをした時だ。
    同じ障害になったらどうすんべ。ちょいと躊躇いがあるので、後でテスト。
    01.jpg

添付ファイル: file01.jpg 3件 [詳細] file00.jpg 3件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-12 (木) 09:57:50 (69d)