Astronomical

常設の赤道儀を高温から守りたい(#1)

人間、ぐーたら(相州弁だと:ずつなし)になると、なるべく汗をかかない方法を考える。(爆)
米国某ショップ、販売している赤道儀カバーの商品名に365が入っていたので、即購入。
Astronomical/oth./2018-05-20/Telescope Cover テスト

これなら、赤道儀を常設し、夏でも使えると飛びついて購入したのだが、やはり、庭の日陰で35℃を越えると、更に+3℃は高くなり、メーカーさんのグリスが溶けだす温度に近くなる。(一応、ギリギリ使えるのは40℃との事)

それまでにも、あーーでもない、こーーでもないと、ここ数年やっていた結論は、
エアコンを使わない限り、赤道儀の筐体を外気温より下げ、その温度を維持することは出来ない。

で、今年の夏は、腰痛もあるけど、日が沈むと玄関脇に置いてあるCGX等重い赤道儀をヨチヨチ歩きで腰をかばいながら取り出し、取り付けていたが、重くて辛いので、Advanced VXを付けることが多くなり、折角買ったC11 XLTを載せることが出来ず、数回使っただけで、今、冬眠状態だ。(笑)

よろめき、じゃなくて、ひらめき

過去に自分で掘った井戸
DIY/12-11-21/我家の新しい井戸掘るかな計画

そうだ、この井戸水は、蛇口を開きっ放しで旅行1週間(汗)帰ったら、まだ、水が出続けていた水量豊富な井戸なのだ。
オマケに、夏は2分も水をだしていると15℃~16℃と腕を入れて置けない程冷える。
これが、使えないか?色々、溶け出した脳味噌で検討。

  • 井戸には電動ポンプが付いている
    井戸のポンプは、蛇口を開くと水が出て、与圧が弱くなると、電動ポンプが自動で起動する。
    蛇口を開けっ放しにしておけば、勝手に、電動ポンプは、運転/停止を繰り返す。
  • この井戸から、細いビニールホース(鏡筒への乾燥空気を送る時に使う細いホース)で分岐して赤道儀に巻き付けて冷却したらどうだろう。
  • 井戸水なので、赤道儀を冷やし温く(ぬるく:以下、同じ)なった水は、また、井戸に戻す。
  • 細いビニールホースには、温度センサー(サーモスタット)を付けて、赤道儀筐体の温度が30℃(仮に)を越えたら電磁弁を解放。
    その結果、赤道儀を通過した温い水は、井戸に戻る。
  • 25℃(仮に)位まで赤道儀の筐体の温度が下がったら、電磁弁を閉じる。

パーツなどを繋いでテスト

取り敢えず、理科の実験室のような雰囲気で作業開始。
どうも、星友にゃあさんのようにポンチ絵作りが上手くないので、解り難い文書で難解表現すっか。(汗)

  • 自分で掘った井戸
    05.jpg
  • 温度の検証用に購入
    nam_worldさんのこのblogには、感謝してます。
    3千円も掛からないで、温度を1分(値は選べる)毎に測定。井戸水を流してグラフが右下がりになれば、効果絶倫じゃなくて絶大だ。(笑)
    https://blogs.yahoo.co.jp/nam_world/65502927.html
    00.jpg 01.jpg
    色々なグラフをスマホから読むことが出来る。 
    06.jpg 07.jpg
  • ホースをグルグル巻き
    もっと、細い方が効率が良い鴨
    02.jpg 03.jpg
  • 米アマゾンでかったサーモスタット
    テスト済、AC100Vに通電させる温度と、遮断する温度を設定すると、その中で勝手に動作する。
    04.jpg
  • 井戸に、普通の水道ホースを繋ぎ、赤道儀側は、ピッチ変換のメスジョイントで、4mm径のチューブ6m位を赤道儀にグルグル。
    08.jpg
  • チューブの先端をスズメの水浴びプールに流すのも良いけど、コンクリートピラー脚の周りがビショビショだな。(汗)
    そんな訳で、細いチューブの温かになった水は、井戸の戻す。
    09.jpg
  • サーモスタット
    温度測定部のセンサーは、赤道儀に張り付けて、on:32℃、off:25℃に設定。
    本当は、電磁弁の開け閉めをするのだが、LED電球を付けて動作確認 OK。(写真忘れた)
    10.jpg
    (赤い液晶表示は、点滅しているので、眼には見えるけど、スマホで撮るとこんな感じ:笑)
  • 今日は、データーの取得に失敗、次に、カンカン照りで高温の日に、朝からスタンバイする。
    でも、右下がりのグラフ、効果は絶大。
    もう、明日は、重たいCGXを繋いでしまうかも。
    とにかく、この赤道儀が常設になっていると、短い時間でもやる気が出るのだ。(笑)
    11.jpg
  • まだ決まってない電磁弁
    一応、これが無いと、水が出っ放しになるので、AC100Vで動くお手軽お安いのを探している。

メモ

  • この手の世界は、テスト → 改善 → DIYへ走る → テスト → 改善
    で、ループして、段々と使える物になるのかな。
  • まだ、暑い日もあるので、今年は、ホースの細さを検討して、15~16℃の水でどの位赤道儀が冷えるのかデータを取って、来年の猛暑でも常設赤道儀になればバン万歳だ。(笑)
  • そうなれば、南コンクリートピラーには、重たいCGX赤道儀を年間を通して常設したいと思ってる。
  • カンカン照りなら、今日、水を流して赤道儀の筐体の温度がどの位下がるのかテストしたいのだが、曇ってきちまった。(汗)
  • 常設の赤道儀を高温から守りたい(#2)に続く
  • 明日、天気が良ければ、効果を確認できたので、もう、重くてデカいCGXを常設して、電源やチューブなどを確り固定するようにしたい。

改めて、nam_worldさんに感謝 m(_ _)m


添付ファイル: file11.jpg 1件 [詳細] file10.jpg [詳細] file09.jpg [詳細] file08.jpg [詳細] file07.jpg 1件 [詳細] file06.jpg 1件 [詳細] file05.jpg 3件 [詳細] file04.jpg 1件 [詳細] file03.jpg [詳細] file02.jpg [詳細] file01.jpg 2件 [詳細] file00.jpg 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-07 (金) 01:39:55 (12d)